1. HOME
  2. コラム一覧
  3. 【就活後の4年生に聞いた!】採用活動が魅力的だった企業お教えします

公開日:2016.05.30

【就活後の4年生に聞いた!】採用活動が魅力的だった企業お教えします

WWW

行ってみたらよかった!採用活動が良かった企業

採用活動は企業の「色」が全面にでるもの。

就活を終えた4年生に、採用活動が魅力的だった企業を聞きました!

リクルートサイトからは得られない情報なので、必見です!

全日本空輸

人事の方が就活生一人一人に対して本当に丁寧だった。

さすが、「就職総合ブランドランキング」第1位。
就活生からの人気が毎年高いだけあります。
多くの学生からのエントリーがある中、丁寧な選考であるという印象を就活生に与えることはとても難しいことでしょう。

個人面接が最終面接のみという企業がたくさんあります。
グループ面接では1人が話せる時間はとても短く、選考の早い段階で個人面接を行い親身になって深く聞いてくれる企業は、就活生にとって魅力的です。

楽天

内定後も意思決定するのを待っていてくれた。

近年の就職活動生を悩ませているものが“就活終われハラスメント”、
略して「オワハラ」です。

「今すぐ電話で他社を辞退すれば内定を出す」
「3日以内の意思決定を迫られる」
などを企業から要求されることが増えてきています。

契約書

就職活動の時期が変更され、就活生だけでなく企業も混乱しています。
オワハラが増えていく中で内定後に意思決定の時間を十分に設けてくれる企業は少なくなっていくかもしれません。

大和証券

社員が熱心に会社のことを説明してくれて、証券=ブラックというイメージを払拭してくれた。

社員の方はみんな頭のキレが良く、話していてとても感心することが多かった。

人事の方は同じ説明を何十回とするので大変だと思いますが、熱心に就活生に訴えかけてくれる方にお会いすると心惹かれます。
内定者や人事のお話を聞いていて、入社するにおいて最後の決め手は「人」だったということを何度も聞きました。

東京海上日動

社員が実際に働くところを、コンテンツを上手く使い見せてくれてやる気が引き出された。

ノベルティのセンスが良かった。

企業説明会では、スクリーンに職場や実際の社員の姿を動画で見せてくれる企業があります。
その企業の雰囲気や、働くイメージをすることができてとても有効的だと思います。
実際に職場を見せてくれる企業は多くはありません。
入社前と入社後の大きなギャップを防ぐためにも、多くの企業で活用して欲しいです。

まとめ

「1対1の時間が長い」

「選考過程で多くの社員の方に会える」

このような採用活動を行っている企業が、就活生からの評価が高いように感じます。

多くの内定者から話を聞いていると、
「個人面接で1時間も話を深く聞いてくれて、人をじっくりみる社風に惹かれた」
「選考過程で多くの社員に会わせてくれて働くイメージができた」
という内容がとても多いです。

面接などの選考が始まると、「企業に選ばれる側」という印象が強くなりますが、
就活生も「企業を選ぶ側」であるという立場を忘れずに、自分に合った企業を見極めることがギャップをなくすためにも必要なことでしょう。

  

Writer Info

WILLWIDE編集部

WILLWIDE編集部

WILL WIDE編集部です。現役インターン生が、求人・インターン情報を厳選し、編集しています。