1. HOME
  2. コラム一覧
  3. 「サービス残業大丈夫?」「ウソ~聞いてない!」選択を迫られた就活生たちの告白

公開日:2016.10.20

「サービス残業大丈夫?」「ウソ~聞いてない!」選択を迫られた就活生たちの告白

willwide161017

WILL WIDE編集部です。

就活を頑張っている知り合いが「最終面接で、サービス残業あるけど大丈夫だよね?って急に言われた」と嘆いていました。

ときどき似たような話を聞くのですが、一体どのくらいの就活生が「聞いてないよー」と言いたくなる体験をしているのでしょうか。

そこで調査!

内定を獲得した学生に「採用選考の過程で『話が違う……』などと不安に感じた経験はありますか?」というアンケートを実施しました。

その結果をここでご紹介します。まずは集計結果をどうぞ!

内定獲得者の10.3%が「話が違う……」を経験

o-6

※小数第二位を四捨五入
※調査期間/2016年7月~2016年8月
※有効回答者/68名
※調査元/株式会社トモノカイ

採用選考の過程で、「話が違う……」などと感じた経験のある学生は、全体の10.3%という結果になりました。この数字を多いと判断するか少ないと判断するかは難しいところですね。

今回のアンケートでは、「話が違う……」と感じたときに、その話や提案に何を思い、どんな選択をしたのかという点も質問しています。

注目したいのは「事前情報と話は違うがそれを受け入れた」と回答した学生の記述です。短い文章に切実な就活生の思いが込められています。

ではその貴重な回答をご覧ください。

 

日本女子大学 家政学部 4年 女性
「体育会系でなくても大丈夫」と就職サイトの案内では記載しているにもかかわらず、その企業の説明会にいた社員の全員が体育会系だった。

【聞いてない話を受け入れた?】
→受け入れていない。体育会系という時点で私と合わないと思ったので選考を辞退した。

 

東京大学 新領域創成科学研究科 修士2年 男性
「残業は少なく、平均で月30時間ほど」と言っていたのに、23時に電話をすると、いつもすぐに電話に出てきたこと。

【聞いてない話を受け入れた?】
→受け入れていない。研究室のOBや友人もそこの企業を受けていたけれど、みんな口を揃えて「宗教っぽいからやめたほうがいい」と言っていたため。

 

共立女子大学 文芸学部 4年 女性
生命保険会社で企業に営業する部署だと聞いていたが、個人などへの営業もあるということ。また、商品開発は2ヶ月に1回と聞いていたが、実際は半年に1回だったこと。他にも、お昼休みの時間に企業を訪ね、個人情報を書いてもらうアンケートをするということなど。すべて2次面接で判明した。

【聞いてない話を受け入れた?】
→受け入れた。内定をまだ持っていなくて、とりあえず一つでも内定がほしかったため。内定を得るためには嫌でも「「大丈夫だ」と言わないといけない」と思った。

 

國學院大學 文学部 4年 男性
説明会では残業についてはほとんど触れず、就活サイトでも「残業時間は短い」と書いてあった。しかし最終面接で「残業はもちろん、サービス残業もあるが大丈夫ですか」と聞かれた。

【聞いてない話を受け入れた?】
→受け入れた。当時はとりあえず一つでも内定が欲しかった。その会社には内定を貰えたが、結果的に他社への就職を決めた。

 

慶應義塾大学 理工学部 卒業 男性
ほとんどの社員が「徹夜で仕事したときはねー」という話をしてきたとき。

【聞いてない話を受け入れた?】
→受け入れていない。夜は寝たい。自分あっての仕事。そのようなことをするから経営状態もよくないのではないのかなぁと感じたため。

 

早稲田大学 文学部 4年 女性
説明会で福利厚生に関する説明が一切なかった某人材系企業。友人の先輩が勤めておられるとのことだったため聞いてもらったところ、ボーナスが皆無で薄給であることが判明した。

【聞いてない話を受け入れた?】
→受け入れていない。面接官から直接提案されたわけではないため。知人のツテで社員の方を紹介してもらってお話を伺い、不安を感じたので辞退した。

 

高知大学 農学部 修士2年 女性
先輩社員との質問会の場において発覚。「残業はほとんどない」というHPでの紹介であったが、実際は残業の割合が多いそうで、労働時間に対する給与が少ないのではと感じた点。

【聞いてない話を受け入れた?】
→受け入れた。内定がまだ一つも出ていないときであり、仕事が多少しんどくても内定をもらい、「早く就職活動を終わらせたい」という焦りの気持ちが優先してしまったため。

 

いかがだったでしょうか。「受け入れた」と回答した学生の気持ちはどれもすごく共感できますよね? 「早く就職活動を終わらせたい」などは、多くの学生の本音だと思いました。内定がゼロであることへの焦りや不安が、納得できずに「話が違う……」と感じている学生の背中を押してしまっているような印象です。

 

明らかに少数派ではありますが、就活で「聞いてないよー」と言いたくなる体験をしている学生が一定の数だけ存在することも確認できましたね。多くの学生に就活のリアルを知ってもらえればと思います。

 

それではまた。WILL WIDE編集部でした!

  

Writer Info

WILLWIDE編集部

WILLWIDE編集部

WILL WIDE編集部です。現役インターン生が、求人・インターン情報を厳選し、編集しています。