1. HOME
  2. コラム一覧
  3. <早慶生編>t-news読者に聞いた就職人気ランキング

公開日:2016.06.09

<早慶生編>t-news読者に聞いた就職人気ランキング

af0100024756

慶応・早稲田生108人に聞きました。「志望する就職先は?」

言わずと知れた名門私立大学。

就職を早い段階から意識し、企業研究が進んでいる人も多いと思います。

東洋経済オンラインが配信した「就職に強い大学ランキング」では早稲田大学が1位でした。※1

また、上場企業に役員を多く輩出している大学ランキングでは、

1位 慶応義塾大学、2位 早稲田大学、3位 東京大学という結果。※2

就職とともに出世にも強いと言われています。

それでは気になる就職ランキングを見てみましょう。

 

早慶生就職ランキング 1位~4位

早慶ランク

他のランキングでは上位にランクインしていた全日本空輸(ANA)の票数はなく、1位は広告業界トップの電通という結果に。

早稲田生のランキングでは電通が1位、博報堂が2位という結果。

慶応生のランキングでは三菱商事が1位、Googleが2位であったことが特徴的でした。

MARCH・関関同立生ランキングではメガバンクの票数が多かったですが、今回メガバンクはランクインしませんでした。

一方、医薬品メーカー最大手である武田薬品工業がランクイン。

アンケート結果から、やはり業界の最大手を目指すという人が多いように感じました。

 

自分の専門性を活かす

やりたいことができる、自分の専門性を活かした仕事ができるというコメントが多かったことが早慶層の特徴だと感じました。

学部1・2年生も、企業へのイメージで選んでいるのではなく、自分のやりたいことに基づいて企業選びをしている人が多かった印象です。

就職活動で他の人と差をつけるためにも、将来やりたいことや自分の武器を見つけることがおすすめです。

※1採用実績社数が多い「就職に強い大学」200校

※2上場企業役員 出身大学ランキング

 

  

Writer Info

WILLWIDE編集部

WILLWIDE編集部

WILL WIDE編集部です。現役インターン生が、求人・インターン情報を厳選し、編集しています。